おまとめローン お金を借りる

MENU

返済プランを見直して完済までをスムーズに運ぼう

完済することが第一目的であるおまとめローンで、非常に重要なのが返済プランをしっかりと見直すということです。これができていないと、おまとめローンを利用しても思ったように返済金額が減らないばかりか、逆に増えてしまうということが起こります。

 

返済プランをどのように立て直せばよいのか、ポイントを見ていきましょう。

 

金利は絶対に増やさない

借金をまとめたときに1つでも金利が増えるものがあるなら、それはまとめないほうが良いでしょう。全体的には減ったとしても、金利が増えるのであればそれだけ損をしていることになるからです。

 

おまとめローンを利用する大きな理由の1つは、「金利を減らすこと」です。金利が増えるものがある場合と、すべてがある程度の金利を減らせる場合とで利息を計算すると、より具体的に差が見えてきます。長期利用を想定して考えた場合、支払金額に大きな差が出るはずです。金利が増えてしまう場合は、それ単体で完済してしまうか、確実に金利が低くなる商品を探しなおすなどして、自分に有利になるようにしましょう。

 

返済期間に注目する

利息が増える要因は借入金額や金利の高さよりも、利用期間の長さである場合が多くあります。利息は日割りで計算され、一日ごとに増えていきます。きちんと返済していれば、元金が減っていくにつれて利息も減っていきます。しかし、返済期間が長引けば少しずつ余分な支払いが増えていき、最終的にはかなりの利息を支払っていたということにもなりかねません。これを防ぐためには、返済期間をできるだけ短くする必要があります。では、どのようにすればよいのでしょうか?

 

月々の返済金額を多めにする

早く完済したいという場合、比較的思いつきやすいのが「返済金額を多くする」という方法ではないでしょうか。確かにこの方法もそれなりに効果はあります。しかし気を付けなくてはならないのが、どこまで返済金額を増やすかということです。あまり高額にすると生活を圧迫してしまい、余計に苦しくなるということも起こります。

 

収入と支出のバランス、節約できる部分などを計算して手元にいくら残るかを計算し、そこから負担にならない程度の金額を設定しましょう。

 

繰上げ返済や追加返済などを活用する

追加返済や返済日の何日か前に返済する繰上返済などを活用すると、大きな負担をかけずに返済していくことができます。毎月高額な返済を行っていると負担になりますが、追加返済の場合は自分の好きなタイミングで行うことができます。

 

余裕があるときに行えばいいので、生活を圧迫することもありません。繰上返済は、返済日前に支払を行う返済方法ですが、利息分を減らすことができるので、その分元金に回せる金額を増やせます。素早く返済していくことができるため、利用期間も短縮でき、総返済額を減らすことができます。

 

基本は無理なく、余裕があるときに多めに支払う
返済プランを立てるときのポイントは、月々の支払いは無理のない範囲で設定しておくことです。繰上返済や追加返済はプランに組み込むのではなく、余裕ができたら支払うという形にしておくと負担になりません。

 

計画に組み込んでしまうと、予定が崩れたときに余計なストレスを抱えてしまう原因になってしまうからです。そうならないためにも、臨機応変に対応できるようにしておきましょう。