MENU

おまとめローンで失敗しないために

メリットの多いおまとめローンにも、デメリットやリスクは存在します。おまとめローンという商品の短所を知っておかないと結果的には損をしてしまうことにもなりかねません。賢く利用するためにも、どういったデメリットやリスク、そして落とし穴があるのか把握しましょう。

 

「まとめる=完済」ではない

おまとめローンで借金を一本化すると、今まで借りていた消費者金融の借金は完済した状態になるため、借金がなくなったと勘違いする方が少なくありません。おまとめローンは、複数の借金をまとめ、低金利で借りなおすものであり、元金をなくすものではありません。利息が減ったことで負担が軽減されただけなのです。おまとめローンに切り替えても、返済義務はまだ残っているということをしっかりと認識しなくてはなりません。

 

借金が減ったことで油断する

元金はそのままですが、低金利になったことで利息分は多少減らすことができ、これが一部の方にとっては油断につながるポイントになります。利息が減ったことで、借金が減ったと錯覚してしまうのです。それで、新たに借り入れを行なって借金を増やしてしまい、再び多重債務に陥ってしまいます。おまとめローンでまとめた借金をさらにまとめるということはできません。この状態で返済が難しくなっても、自力で返済していくか、債務整理を行なうしか方法がありません。

 

返済総額が増える場合がある

月々の返済金額が減る場合、完済までに予定していた利用期間よりも時間がかかることがあります。利息は、長く利用すればするほど増えていきます。そのため、完済までの時間がかかりすぎると返済総額が膨らんでしまいかねません。せっかく低金利で借りても返済額が増えてしまっては本末転倒です。返済プランをしっかり立てて、追加返済なども活用しながら返済期間を短縮するようにしましょう。

 

おまとめローンで追加借入はできない

おまとめローンは返済しかできないようになっており、どれだけ返済しても余裕のできた分からお金を引き出して利用するということはできません。万が一のことを考えると心配になるかもしれませんが、そもそもキャッシングやカードローンとは一時的に発生する急な出費に対応するためのものであり、万が一に備えるものではありません。おまとめローンを返済しつつも、ある程度は預金してそこから対処するべきなのです。預金するくらいならその分を返済に回したほうが早く完済できるという考え方もありますが、そうなると何かが起こった場合はまたキャッシングに頼らなくてはならない可能性が出てくるので、ある程度のお金は預金しておいたほうが賢明です。