おまとめローン

MENU

申し込みの際に気を付けるポイントはココ

おまとめローンに申し込む際にも、気を付けるポイントがあります。そのポイントはちょっとしたことである場合が多いのですが、そのちょっとしたミスで審査に通らなくなってしまうことがあります。審査に落とされないためにも、情報の送信や提出の前にミスがないか確認したり、自分の状況や環境にマイナスとなるような要素がないか調べておきましょう。

 

記入ミスは絶対にないようにする

誤字や脱字はだれでもやってしまいがちなミスですが、実は非常に致命的なミスでもあります。申し込むときに記入した情報、個人信用情報、提出した必要書類の情報に差異があると、「ウソをついた」あるいは「虚偽の申告をした」と思われ、審査に落とされてしまうからです。おまとめローンは審査が厳しくなっているため、記入する情報にミスがないように細心の注意を払う必要があります。記入した情報は何度も見直し、ミスがあったらすぐに訂正しましょう。

 

転職していた場合

人によっては転職して間もないという方もいるかもしれません。その場合、気を付けなくてはならないのが、勤務期間です。通常のキャッシングやカードローンでも、最低6カ月は同じところで働いている必要があります。これがおまとめローンの場合だと、最低でも1年間の勤務期間が必要になります。そのため、転職してすぐだと審査に通れない可能性が非常に高くなります。勤務期間が短い場合は、基準に達するまでなんとかしのいでいくしかありません。

 

引っ越ししていた場合

引っ越しも転職した場合と同じように、最低でも1年は経過している必要があります。居住期間が短いと信用が落ちてしまうので、審査に通れません。キャッシングやカードローンを利用していて返済がうまくいっていないときに下手に移動してしまうと、おまとめローンが利用できなくなります。おまとめローンの審査に通ってから引っ越しをするなど、申し込むタイミングを見極めましょう。

 

固定電話は必ず契約する

携帯電話やスマートフォンが普及しているため、固定電話の必要性が薄い方もおられるかもしれません。しかし、キャッシングやカードローンを申し込む際に固定電話番号は必要不可欠な情報です。この情報がないと、確実に審査に落とされるといっても過言ではありません。おまとめローンに限らず、どの金融商品でも絶対に必要になるので、必ず固定電話は契約しておきましょう。

 

申込ブラックに気を付ける

なかなか審査に通らず、落ちてはすぐに他社で申し込むということを繰り返していると、申込ブラックという状態になることがあります。申込ブラックは3カ月間に3社以上に申し込むとその記録が登録され、3カ月から6カ月の間ブラック状態になってしまうというものです。ブラック状態なので当然審査に通ることなどできません。審査に落ちたら「何が問題だったのか?」と落ち着いて考え、問題を解決しましょう。